エンジニアの仕事は、人とコミュニケーションをとることが多いです。しっかりと努力していくことが大切です。

エンジニアの仕事とコミュニケーション

エンジニアの仕事とコミュニケーション

エンジニアの仕事とコミュニケーション

コンピューターのメンテナンスを行うこともエンジニアの仕事です。公共機関や学校などで使われているコンピューターの数はとても多いため、トラブルが起こることもよくあります。その時に連絡を受けてコンピューターを正常な状態にすることも大切な業務になってきます。また、コンピューターに対して膨大な知識を持っていないと務まらない仕事でもあるので、勉強する時もすぐに現場で生かせるようにといつも意識しておく必要があります。また、トラブルが起こるのを防ぐために定期的にコンピューターを使っている契約先に訪問してしっかりと異常がないか点検しておかなければいけないので、細かいことにもしっかりと目が行き届くような人がエンジニアに向いているかもしれません。時にはコンピューターを修理するために訪問先に出向いて、どの部分が調子が悪いのかを使っている相手から的確に聞き出す力というのもエンジニアには必要なので高いコミュニケーション能力も求められます。よく、私はコミュニケーション能力が無いからというようなことを言う人がいますが、コミュニケーション能力は自分が努力して初めて身に付くものであるということを誰かから聞いたことがあります。私もそう思うので、初めから自分の可能性を決めつけてしまうのではないく苦手なことにもどんどん挑戦していく姿勢が大切だと思います。
エンジニアは人と直接会って仕事をすることも多いので、世の中の動きやトレンドにも敏感になっているとちょっとした合間でも相手と会話ができて信頼関係も築きやすくなると思います。訪問先とも上手くやっていくためにも、コンピューターの専門知識だけでなく、どうすれば相手と楽しい時間が過ごせるかということを考えていくという習慣をつけることがエンジニアの専門性や仕事のやりがいの感じやすさにも関係してくるのではないかと私は考えています。他にもエンジニアの仕事はあると思うので、調べてみると面白いかもしれません。

Copyright (C)2014エンジニアの仕事とコミュニケーション.All rights reserved.